インプラントの利用

器具を持つ手

インプラントとは歯に人工歯根を植え込み、その上に義歯をかぶせる治療法のことを言います。インプラントとは、人体に埋め込む人工的な関節や軟骨なども含めて言いますが、通常、デンタルインプラントを指すのが一般的です。 治療法としては、人工歯根については骨との親和性からチタンやチタン合金が使われることが一般的です。その料金は、手術費も含めますので、入れ歯を作るよりも高額になります。ですが、それに被せる義歯については値段や仕様により様々です。プラスチックの義歯を詰めると、健康保険がききますので治療費は3割の負担で済みます。ですので、料金は比較的安く済みます。セラミックはきれいな歯を手に入れられる反面料金が高い傾向にあります。

インプラントは、歯周病や虫歯で歯を失った人が同じように噛むことのできる人工の歯を作られる画期的な治療法です。歯根を埋め込むための手術をするため、その料金は高額になる傾向があります。 現在では、歯を失った人もそうですが、きれいな歯並びと白い歯を手に入れるためにインプラント治療を行う人も増えてきています。歯は、食べ物を咀嚼するという役割以上に、自分らしく美しい口元を手に入れるためのツールであるという意味合いも大きいからです。 現在では、人工歯根に被せる義歯について、セラミックやメタルボンドというセラミックよりも硬度の強いもの、ハイブリッドというセラミックとプラスチックを混ぜて比較的料金の安いものなど様々な種類があります。